水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990302_1_1dP.jpg

石油ランプ(セキユランプ)

石油用の灯火具。灯油を入れる金属の容器に口金[クチガネ]をつけ、それに木綿[モメン]糸の紐[ヒモ]を通して容器の中の灯油に浸[ヒタ]すようになっている。油は毛細管現象[モウサイケッカンゲンショウ]で吸い上げられ、口金のところで点灯される。炎を覆うガラスの火屋[ホヤ]を取り付けて燃焼効率[ネンショウコウリツ]を高め、さらに反射[ハンシャ]用の笠[カサ]を付けたもの。

材質鉄、ガラス、紙
法量42×26cm
数量1
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)