水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990404_0_1dP.JPG

柳行李(ヤナギコウリ)

皮をむいて干した「こりやなぎ」の枝を麻糸[アサイト]で編んだふた付きの物入れ。安価なため庶民の間に普及[フキュウ]していた。衣類などを入れ、収納具[シュウノウグ]として使用されたり、ひもがけして担[カツ]いで運ぶ運搬具[ウンパング]などにも用いた。鉄道が使われるようになるとチッキ(※)にして送るのにも利用された。第2次大戦をピークとして需要[ジュヨウ]が激減[ゲキゲン]し、現在ほとんど生産されていない。※チッキ…鉄道旅客が託送[タクソウ]する手荷物。

材質こりやなぎの枝
法量大62×40×23cm、小50×35×18cm、小小40×20×10cm
数量4
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)