水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990415_1_1dP.jpg

股鍬(備中ぐわ)(マタグワ(ビッチュウグワ))

田おこし用のくわ。水田稲作の中耕・除草につかわれた。くわは、田畑の耕起[コウキ]や砕土[サイド]、均平[キンペイ]、田のあぜ塗り、畑の中耕や土寄せ、作条[サクジョウ]、いも類や根菜[コンサイルイ]の掘り取り、畑の開墾[カイコン]など農作業全般にわたって使われる日本の基本的な農具の一つ。使用目的や使う田畑の状況に応じて、刃の形状や大きさ、柄と刃の角度、柄の長さなどさまざま。

材質木製、鉄
法量67×20cm
数量1
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)