水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990420_1_1dP.jpg

坑内保安帽とアルカリ蓄電池付ライト(コウナイホアンボウ・アルカリチクデンキツキライト)

蓄電池[チクデンチ]にベルトを通し腰[コシ]につけ、ライトの部分は坑内保安帽(ヘルメット)の取り付け部分に付ける。両手が使えて遠くまで見通しがきくなど作業能率も上がり急速に普及[フキュウ]していったが、2~3.4kgの蓄電池を終日[シュウジツ]腰に付けていると、重みで痛みがでたり、首のほうもなれるまでは不自由を感じるが、自然となれたらしい。また、重さだけでなく、蓄電池の液(亜硫酸[アリュウサン]がもれ出て、火傷[ヤケド]のような傷を負うこともあったり、坑内で急にライトのランプが切れたりと困った面もあった。坑内[コウナイ]=その炭坑(鉱山)の坑道の内部。

材質鉄・ゴム・他
法量24.5×14cm
数量1
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)