水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990556_1_1dP.JPG

オルガン(オルガン)

足踏み式のパイプオルガン。足でふいごを動かし、風をパイプへ送りながら、鍵盤[ケンバン]を押さえることで弁が開いて音が出る。明治・大正時代から学校の音楽の時間によく使われた。パイプと送風器と鍵盤の三つの部分からなる。

材質木製、鉄
法量79×40×97cm
数量1
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)