水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

史跡
h0133dP.jpg

頃末小学校南校舎床下露頭(コロスエショウガッコウミナミコウシャシタロトウ)

南校舎の西側床下の崖には地層を観察することができます。崖の下のほうにある地層は厚さ2メートルほどあり大辻層群遠賀層といわれ約3,500万年前のものです。太古の植物の化石が残っていて薄い石炭層がところどころにあります。このことから大森林が広がっていることがわかります。その後の気候変化で木々が倒れ、泥や砂が一緒に積み重なり、長い時間をかけて石炭となりました。上のほうの地層は芦屋層群と呼ばれる約3,000万年前のものです。黄色っぽい砂が固まってできていて、エビやカニ(甲殻類)、貝の仲間が住んでいたところが化石となっています。これは当時このあたりが海だったことを示しています。その後地形の変動で盛り上がって陸地になって現在のようになりました。地層の境目は、大陸から海へと大きく変わった時期で日本が大陸から分かれていったことを表します。日本列島の成り立ちを考えるうえで重要なものです。

法量長さ10m、高さ2m+
数量1
採集地・出土地・所在地水巻町頃末北4丁目(頃末小学校内)
年代不明
地図別画面で表示する