水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990593_1_1sP.jpg

謄写版(トウシャバン)

謄写版は孔版印刷のひとつ。ガリ版ともいう。ロウ紙と呼ばれる特殊な原稿紙を専用のヤスリの上にのせ、鉄筆[テッピツ](先端が鉄でできたペン)で文字や絵を書く。この作業を「原紙を切る」という。原紙の上からインクのついたローラーをころがすと削った部分の皮膜[ヒマク]にインクが残り印刷されるしくみ。現在の日本ではほとんど見られなくなったが、世界各地の電気が通っていない地域で広く使われている。

材質その他
法量33×52×10cm
数量1
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)