水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990594_1_1sP.jpg

そろばん(ソロバン)

室町時代末に中国明との貿易にともなってもたらされたといわれる。梁[ハリ]の上に2珠[シュ]、下に5珠のものであったが、明治中頃に4珠も出現し、近年は四つ珠算盤[シュザンバン]が一般化した。この資料は博多でつくられたもので、そろばんの棒が竹ひごになっている。昭和の初期のものと考えられる。

材質木製
法量52×13.5×4cm
数量1
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦前)