水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

芸術作品
d2005004-2_1_2dP.JPG

二砿坑夫ミニチュア像(ニコウコウフミニチュアゾウ)

作者が軍需生産美術推進隊に所属していた当時の作品。軍需生産美術推進隊は太平洋戦争中に全国の炭鉱の生産向上を目指す国家政策の一環で発足した。推進隊は画家や彫刻家をはじめとした美術家によって組織され、全国各地の主要炭鉱にシンボル像を残した。二砿坑夫像は「躍進の像」、「産業戦士の像」ともいわれる。閉山後旧日本炭砿事務所の敷地内(頃末北)に移設され、その後平成16年(2004)に水巻町に寄贈された。これは日炭高松第二砿(中央)に建てられていたものの原型となるミニチュア像。(作者略歴)圓鍔勝三(えんつば かつぞう)1905~2003日本美術学校(現東京芸大)卒業。昭和45年(1970)日本芸術院会員。昭和53年(1978)多摩美大名誉教授、昭和63年(1988)文化勲章受賞者。

作者(著作権者、編著者)圓鍔勝三
材質石膏
法量高さ46cm
数量1
関連地(撮影場所)頃末
年代昭和(戦前)