水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

自然資料
e2000037-38_1_1sP.JPG

タカサブロウ(タカサブロウ)

水田や湿地、都会の溝などに多い1年草。茎は高さ10~60cm、葉は長さ3~10cm、幅5~5mmで、茎とともに短い剛毛があって、両面いちじるしくざらつく、花は7月~9月。頭花は径cm内外、花柄は2~4.5cm。そう果は長さ2.5~3mm。暖帯~熱帯に生育し、本州~琉球・小笠原から世界に広く分布する。種子は水に流されて分布する。変異の多い植物である。

名称(和名)タカサブロウ
名称(学名)Eclipta prostrata L..
材質
法量
数量1
関連地(撮影場所)伊左座
採集地・出土地・所在地水巻町伊左座遠賀川河川敷