水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

自然資料
e2000037-47_1_1sP.JPG

ヨメナ(ヨメナ)

「万葉集」に春の若菜摘みとして最もよくうたわれているのがヨメナである。春の若菜の中で美味で、花の美しいところから嫁菜の名がつけられた。乾燥し、匙たものは解熱利尿剤として用いられてもいる。本州、四国、九州の田のあぜや山野のやや湿った所にふつうにみられる。 匙=薬剤の調合。液体・粉をすくいとる道具。 (1)生息地 山野の湿ったところや道端に普通 (2)生息期 多年草 (3)花期 7~10月

名称(和名)ヨメナ
名称(学名)Kalimeris yomena Kitam.
材質
法量60~100cm
数量3
関連地(撮影場所)立屋敷
採集地・出土地・所在地水巻町立屋敷遠賀川河川敷