水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵品詳細

自然資料
e2001026_1_1dP.JPG

カラス貝(標本)(カラスガイ(ヒョウホン))

殻の長さが15~20cmにもなる大型の淡水二枚貝。産卵は3~7月。大河川の下流域や海岸部の潟湖に棲息する。幼貝は黄色で、緑の帯がある。ドブ貝と似ているが、側歯があることで区別可能。

名称(和名)カラス貝(標本)
名称(学名)Criistaria plicata
材質
法量15~20cm
数量5
関連地(撮影場所)吉田
採集地・出土地・所在地不明