水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

史跡
h0057_1_1dP.JPG

犠民与四郎之墓(ギミンヨシロウノハカ)

江戸時代に飢饉がおき、与四郎はいつもお世話になっている村人たちのために年貢米の免除をしてもらうため、役人の目を盗んで稲束を抜き取っていたのが、ばれてその場で殺されたという話があり、この行為を村人たちがいたく感動してまつったのが始まりである。それから50年毎に記念法要が行われ、平成18年(2006)に400周年を迎えた。

法量
数量1
採集地・出土地・所在地頃末北2丁目6-25(字洞谷)
年代江戸
地図別画面で表示する