水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

史跡
h0063_1_1dP.JPG

役場新築記念碑(ヤクバシンチクキネンヒ)

昭和9年(1934)水巻村第16代の原田幾次郎村長の時に役場が新築され、それを記念して碑文が建立された。明治22年(1899)村制がはじまり当初は立屋敷が中心となっていたが石炭産業が水巻で発達するにつれて、頃末へ移動していくまでのいきさつが書かれている。碑文は外務大臣広田弘毅の筆による。三好鉱業の三好孝宗が敷地と資金を寄付している。

法量
数量1
採集地・出土地・所在地頃末北1丁目1-1
年代昭和(戦前)
地図別画面で表示する