水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

史跡
h0076_1_1dP.JPG

立屋敷遺跡(タテヤシキイセキ)

遠賀川[オンガガワ]にある弥生時代[ヤヨイジダイ]前期から後期(今から2,200~1,800年前)の集落遺跡。昭和6年(1931)に地元の考古学者[コウコガクシャ]名和羊一郎[ナワヨウイチロウ]氏によって発見された。ここで文様のある弥生土器が初めて発見され、遠賀川式土器[オンガガワシキドキ]といわれている。この文様をもった壺[ツボ]は、稲作農耕[イナサクノウコウ]との関係が深く、稲作とともに、各地にひろまったと考えられている。出土品からは弥生時代後期の出土品が圧倒的に多く、拠点的[キョテンテキ]な集落と考えられる。現在は水没してみることができないが、平成6年(1994)の遠賀川渇水[カッスイ]時の調査時には、ドングリ(イチイガシ)を貯蔵した穴がみつかっている。

法量
数量1
採集地・出土地・所在地伊左座、立屋敷
年代弥生
地図別画面で表示する