水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

史跡
h0093_1_1dP.JPG

興玉神・猿田彦大神碑(オキタマノカミ・サルタヒコオオキミヒ)

享保6年(1721)に二村の人々の発願で建立している。道しるべとしての役割を果たしており、ここはもともと小高い丘で松の木が5~6本あり、菅原道真をまつる祠もあった。今は、炭坑の地盤沈下により地面がさがってしまった。

法量高さ158cm、幅80cm、奥行18cm
数量1
採集地・出土地・所在地二東2丁目6町道沿い
年代江戸
地図別画面で表示する