水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

史跡
h0118_1_1dP.JPG

河守神社(カワモリジンジャ)

宝暦10年(1760)堀川第二期工事完成の翌年、藩主黒田継高公は車返切貫の東山に、石室を新造し、河守大明神として大山祇命・岡象女命・興玉神を遷座した。現在の社殿は、大正3年(1914)に郷社河守神社として新築されたもので、氏子は堀川用水16ヶ村にわたり、祭典運営の伝統は今も守られている。堀川用水の祖黒田継高公は、大正9年(1920)合殿に合祀された。社殿内には、扁額三十六歌仙の絵馬と他に大正3年、奉納大相撲番付がある。

法量
数量1
採集地・出土地・所在地吉田東3丁目1-1
年代大正
地図別画面で表示する