水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

考古資料
a9401-34103_1_1dP.jpg

手づくね土器(テヅクネドキ)

手づくねでつくられ実物よりも小さいのでミニチュア土器ともいわれる。お祭りごとやお祈りごとに使われた。鉢のかたちをまねてつくっている。中に石がはいっている状態でみつかり、石を食べものとみなしてお祈りしたと考えられる。古墳時代(5~6世紀)のもの。手づくね=指先で粘土をこねて作る。

材質
法量口径4.7cm、器高3.4cm
数量1
関連地(撮影場所)吉田
採集地・出土地・所在地宮尾遺跡A-1地点II区下段V層
年代古墳