水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

考古資料
a2004003-2_1_1dP.jpg

天保通寶(テンポツウホウ)

江戸時代の貨幣。幕府は1835年(天保6)小銭の量が少ないのを緩和[カンワ]する目的で、楕円形[ダエンケイ]で量目は5.5匁[モンメ](206g)の銅貨を鋳造[チュウゾウ]した。1枚100文[モン]※(実際は80文)で通用した。明治維新後の1871年(明治4)には1枚が8厘[リン]の通用となったが、91年12月末日をもって通用停止となった。※文:寛永通宝[カンエイツウホウ]の1枚の呼び方

材質金属
法量4.9cm×3.2cm、厚さ0.2cm
数量1
関連地(撮影場所)その他
採集地・出土地・所在地不明
年代江戸