水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

考古資料
a9701-00061_1_1dP.JPG

曲物(マゲモノ)

曲物という木製の容器。水くみ用あるいは、ものを運ぶための桶[オケ]として使われていたと考えられる。ヒノキやスギなどのうすい板材を、円形あるいは楕円形に、折り曲げやすいように刃物で切り込みを入れて、合わせ目に桜の皮をうすく細い帯状にして縫[ヌ]い合わせ、その底に竹釘[タケクギ]を打ち込んで丸い板を取り付けている。この資料は井戸の井筒[イヅツ]に転用されていて、底にすえられており、湧き水をろ過するフィルターの役割を果たしていた。鎌倉[カマクラ]時代(13世紀)のもの。

材質
法量内径49.45~51.27cm、高さ33.4~36.1cm
数量2
関連地(撮影場所)
採集地・出土地・所在地上二貝塚
年代鎌倉