水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b2001047_1_1dP.JPG

飯籠(メシカゴ)

夏の暑い時期に、炊いた飯を腐らせないように保存しておく竹製のかご。通気性を良くするために笊目[ザルメ]編みになっていて、蓋[フタ]があるものと簀[スノコ]を蓋にするものとがあるが、これは蓋つきのものである。食べ残した飯や芋をこの籠に入れ、軒下の風通しのよいところに吊るしたり置いたりした。

材質
法量直径33.5cm 深さ12cm 直径36.5cm 深さ13cm
数量2
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)