水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b2002019_1_1dP.JPG

お札の木版(オフダノモクハン)

遠賀郡[オンガグン]中央四国八十八番札所[フダショ]は、明治37年(1904)日露戦争[ニチロセンソウ]の戦勝祈願[センショウキガン]として、本城[ホンジョウ]・折尾[オリオ](北九州市八幡西区[キタキュウシュウシヤハタニシク])・長津[ナガツ](中間市)・島郷[シマゴウ](北九州市若松区[ワカマツク])の地域で出発した。お遍路[ヘンロ]さんが札所をめぐる千人参りという行事が行われ、お参りした時に納めたり、接待[セッタイ]を受けた時にお礼として渡したり、名刺[メイシ]代りに使用したりした紙札[カミフダ]の版[ハン]で「遠賀郡水巻村古賀中央四国八十八ヶ所順拝参拝 二人同行」と刻字されている。版は将棋板[ショウギバン]を転用したもの。明治期もの。

材質
法量19.0cm×6.0cm×3.4cm(奥行)
数量1
関連地(撮影場所)
年代明治