水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b2007004-14_1_2dP.JPG

竜一銭銅貨(リュウイッセンドウカ)

明治4年(1871)に制定された新貨条例[シンカジョウレイ]によって、日本で初めて西洋式の貨幣[カヘイ](丸形、打製)の発行が決定され、補助銅貨としては、一銭、半銭[ハンセン]、一厘[イチリン]の3種類が制定された。しかしながら、条例制定時点では銅貨の製造設備は完成していなかったため、銅貨は試作のみで、2年後にデザインを簡略化[カンリャクカ]し銀貨と統一の取れたものに変更して発行された。同じ竜のデザインでも補助銀貨と異なり、顔が右向きで口を閉じた竜(吽竜)[ウンリュウ]になっているのが特徴。この資料は明治17年(1884)鋳造。

材質金属(銅)
法量直径27.87㎜、7.13g
数量1
関連地(撮影場所)八幡西
年代明治