水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990002_1_1dP.JPG

二段耕犂(ニダンコウスキ)

牛や馬に引かせて田や畑を耕[タガヤ]す農具。二段耕犂は、短床犂の前方にこれより小形の副犂をとりつけ耕土を上下二段に同時にすき起こす犂である。その発明は大正後期~昭和前期まで遡るが、広く普及したのは昭和23年(1948)以降である。二段耕により、れき土反転が向上し、薄く細かくすき起こされるので、後の砕土作業が容易になるなどの期待できた。

材質木、金属
法量157×70×90cm
数量1
関連地(撮影場所)えぶり
年代昭和(戦後)