水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990009_1_1dP.JPG

飛行機馬鍬(ヒコウキマンガ(マグワ))

おもに水田の砕土・地ならしに用いる農具。田植え時期になると、鋤などを用いて田をすくが、起こした土は塊になっているためこれを砕いて平らにしなければならない。一般的には、真ん中に人が乗ったり、足でおさえたりしながら牛や馬にひかせた。飛行機の翼に似ていることからこの呼び名がある。

材質木、金属
法量168×53×57cm
数量1
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)