水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990023_1_1dP.JPG

藁こぎり (押切)(ワラコギリ(オシキリ))

家畜などの餌である藁や草を食べやすくするために小さく切る道具。一時代前までは農家では牛や馬を飼育していた。夏は放牧したり畔草を食べさせるが、冬の間は舎飼いであったから、そのための飼料を秋までに準備しておく必要があった。この飼料にはふすま・雑穀などのほかに藁・干草などを刻んで、混ぜたのである。この押し刻む刃物が押切り(藁こぎり)である。

材質木、鉄製
法量64×86×76cm
数量1
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)