水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990031_1dP.jpg

石臼(イシウス)

上臼[ウス]と下臼を重ね合わせて、上臼を手動で反時計回り方向に回転させて穀物などを粉にする。中央アジアで紀元前7世紀ころ出現したといわれる粉を挽[ヒ]く道具であるが、わが国で一般農家に広く使われだしたのは江戸時代と考えられる。

材質石・木製
法量径33×29cm
数量1式
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)