水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990217_1_1dP.JPG

背負子・背負梯子(ショイコ・ショイバシゴ)

荷物を背に負[オ]って運ぶ時に用いる運搬[ウンパン]具。背負子[ショイコ]とも呼ぶ。形態は文字どおりはしご状だが、さまざまな種類がある。基本的には大きく二つに分けられ、一つは枠[ワク]の中央ないし下の端に腕木[ワンギ]のあるもの。他はそれがないもの。前者は西日本、後者は東日本に主に分布している。寸法も人の背丈ほどのものからわずか1尺[シャク](約30.3cm)程度のものまで多様。大型のものは平野部で、小型のものは山間部で使用されるのが普通であった。

材質木製
法量31×83cm
数量1
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)