水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990236_1_1dP.JPG

ひよこかご (鶏籠)(ヒヨコカゴ(トリカゴ))

屋外で鶏を数羽入れて飼育するときに使用されたかご。これは小さいので鶏のヒナを入れて飼うときに使われていたものと思われる。編み方は六つ目編みで、縁の仕上げは返り縁になっている。多くの場合、農家の副業として作られた、飼養用具。鶏や小鳥を飼う鶏籠や小鳥籠。小さいのでひよこを入れて飼っていた。籠・・・竹、蔓、木の小枝、針金などを編んでつくった入れ物。

材質
法量67×27cm
数量1
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)