水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990252_1_1dP.jpg

横槌 (藁打槌)(ヨコヅチ(ワラウチヅチ))

藁[ワラ]打ちを行うときに用いる木槌[キヅチ]。藁細工[ワラザイク]に用いる藁は柔らかく、細工をしやすくするために、あらかじめ藁打台で打っておく。最初は荒打ちといって掛矢[カケヤ]でたたくが、仕上げはて片手で藁を反転させながら藁打槌[ワラウチヅチ]で軽くたたき上げる。掛矢は立ち姿勢で両手で持つが、藁打槌は腰を落として片手で使う。掛矢が縦型の槌であるのに対して、これは横型であるから横槌[ヨコヅチ]ともいう。

材質木製
法量12×23.5cm
数量4
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)