水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990254_1_1dP.jpg

棹秤(サオバカリ)

重さをはかるのに使われた。貴金属[キキンゾク]をはかる小型のものから、米俵[コメダワラ]をはかる大型のものまで各種あった。錘[おもり]は金属だけでなく石を使ったものもあった。構造としては棹[サオ]の先端にはかるものをつるす鉤[カギ]があり、その上に手で支[ささ]えるための紐[ヒモ]があり、そこを支点[シテン]としながら錘を左右にずらしてはかる。

材質木製、鉄
法量棒の長さ50.5~79cm
数量4
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)