水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

民俗資料
b990276_1_1dP.JPG

箱めがね(ハコメガネ)

舟[フネ]の上から箱めがねで海中の獲物[エモノ]を見つけ、ヤスで突[ツ]いたり、引っかけたりして漁[リョウ]をした。また、子どもたちが川遊[カワアソ]びの一環としておこなった突刺[ツキサ]し漁は、箱めがねで水中をのぞきながら、川底にいるカジカやウナギなどの魚を探し、手持ちのヤスで突いてとる。

材質木製、ガラス
法量16×15cm
数量1
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)