水巻町歴史資料館
歴史資料館について収蔵庫情報収蔵品検索イベント/お知らせご利用案内広報みずまきホーム

収蔵庫情報

芸術作品
d2011001-0546_1_1dP.jpg

世界をよこせ(セカイヲヨコセ)

木版(多色)。1958年。幼少の頃、小作農の父が馬車で米俵を小作料として納めていた様子を回想したもの。谷川雁の詩の挿絵として作成され「むら」というタイトルをつけた。雑誌「サークル村」第2巻第9号挿絵。
上田博(1933-2011)は熊本県生まれ。昭和27-39年まで福岡県水巻町の日本炭礦(日炭高松炭礦)の第二礦に炭坑夫として勤務。同僚の上野英信や千田梅二とともに炭坑文芸誌の製作に関わり挿図で木版画を担当。以後、水巻町吉田のアトリエにて創作活動を続ける。春陽会会員。77歳で亡くなるまでに「日本板画院展」ほか数多くの美術展に入選作品を残す。

作者(著作権者、編著者)上田博
材質
法量37.5×28.5㎝
数量6
関連地(撮影場所)
年代昭和(戦後)